マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

フリーランスで年収が60万→400万→800万に上がった経緯

2017年6月17日 16:00

フリーランスで年収が年々倍増していった経緯は?

フリーランスで年収が年々倍増していった経緯は?

 年収の倍増というものは、今の時代なかなか難しいものがあるが、フリーランスであれば、そんなことはしょっちゅうある、と語るのは今年フリーランス17年目のネットニュース編集者・中川淳一郎氏だ。同氏がフリー1年目から2年目にかけて6.7倍の年収になり、その翌年2倍になった時の仕事のやりようについて解説する。

 * * *
 会社員時代の年収860万円からフリーライターになって1年目は60万円になりつつも、とりあえず2年目は年収400万円になった件について前回書きました。同記事を読んだ方からは、「400万円になった経緯を書いてほしい」というご意見もいただいたので、今回はその話と、その翌年は800万円になった話を書きます。

 まず、60万円というのは、いかにフリーランスとはいえ、あまりにも低過ぎです。というのも、まともなフリーランスであれば、若手の正社員よりかは時給が高いのが常なんですよ。

 たとえば私が広告代理店の会社員だった時代、基本的にはクライアント企業の広報に関連した業務をしていたのですが、「論調分析」の仕事をフリーランスの方にお願いしていました。この仕事は、メディアが私たちのクライアントに対してどんな評価を下しているか、を新聞記事の「枕詞」から抽出する業務です。様々なワードを抽出して、その企業がメディアからどう見られているかのレポートをするのです。

 たとえば「快進撃続く」だったら、好調だと見られているということでしょう。「影を落とす」や「失速」「奮起が待たれる」であればあまり良い論調ではありません。メディアによる客観的な評価をクライアントに示し、その後の広報活動に役立てる、というのが「論調分析」の狙いです。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。