マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

カリスマトレーダー池辺雪子 億の極意

トランプ相場の後遺症いまだに? なぜドル円底値で売ってしまったのか

2017年7月25日 18:00

トランプ相場の後遺症はいまだに残っている(同氏のFacebookより)
トランプ相場の後遺症はいまだに残っている(同氏のFacebookより)

 トレードで最もつらいこと、それは天井価格で買いポジションを持ってしまうこと、もしくは底値価格で売りポジションを持ってしまうことだろう。トレーダーとして、それだけは何としても回避したい。では、そのような高値掴み・安値掴みはどのようにして回避すれば良いのか? FX(外国為替証拠金取引)などのカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが、解説する。

 * * *
 ここ最近、「1ドル=104~105円台の売りポジションを持っているトレーダーが、かなり多い」という話をよく聞きます。なぜ、“1ドル=104~105円台の売りポジション”なのでか、想像つきますか?

 昨年のアメリカ大統領選の際、ドル円相場は一時的に1ドル=101円台まで下落し、それから一気に上昇トレンドへと転じたわけですが、2016年の9月から10月にかけてレジスタンスになっていた1ドル=104~105円台の水準まで、選挙後に相場が上昇してきた際、「絶好の売り場だ!」と考えて売りポジションを持ったトレーダーが数多くいた、ということです。

 大半のトレーダーが「トランプ氏の当選=ドル売り」と考えていたため、絶好の戻し目と判断して、売りポジションを持ったということですね。

 そして、ドル円相場が1ドル=104~105円台をあっという間に突破し、さらに上昇しても、「トランプ氏が大統領に就任したのだからドルは必ず売られる」と信じ続け、「ロスカットはしないでおこう」と考え、結局ロスカットをするタイミングを失い、今の今までズルズルとポジションを持ち続けてしまった、というわけです。

「FX」関連記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。