マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国のEV市場が急拡大、トヨタも戦略転換を迫られる

2017年7月26日 16:00

中国のEV市場急拡大の余波とは(Imaginechina/時事通信フォト)

中国のEV市場急拡大の余波とは(Imaginechina/時事通信フォト)

 中国汽車工業協会が7月11日に発表したデータによれば、1-6月の自動車販売台数は1335万4000台で、3.8%増に留まった。乗用車に限ると、販売台数は1125万3000台で1.6%増と更に低い伸び率である。小型車(排気量1.6リットル以下)だと販売台数は769万7000台で、2.6%減と全体の乗用車販売の足を引っ張っている。

 2015年10月から小型車の自動車購入減税が実施され、10%から5%に引き下げられた。その結果、2016年小型車販売台数は21.4%増加、全体の乗用車販売台数は14.9%増加した。しかし、2017年に入り、購入税減税がもう1年続けられることになったものの、税率は7.5%に引き上げられたため、小型車販売に影響が出ている。

 乗用車について、車種別にみると、SUVが16.8%増と大きく伸びているが、セダン、MPV、クロスオーバーは順に、3.2%減、15.8%減、25.3%減となった。中国の生活様式に最も適したSUVの躍進が続いている。

 乗用車の内、中国ブランドは全体の43.9%を占め、4.3%増と全体の伸び率を大きく上回っている。一方で、海外ブランドの販売台数が伸び悩んでいる。国別のシェアを見ると、ドイツ系が20.2%、日系が17.7%、アメリカ系が12.0%、韓国系が3.8%、フランス系が1.7%、その他が0.7%を占める。マスコミ情報によれば、日系の伸びが最も高く、ドイツ系、アメリカ系がそれよりもやや低く、韓国系、フランス系が減少しているといった状況のようだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

投資のプロは「今こそ仕込みの好機」 日本の景気上昇確率は95.9%か
トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。