マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

IPO銘柄の上場日デイトレ戦略、狙いは「売り圧力」が弱い銘柄

2017年8月10日 17:00 マネーポストWEB

「売り圧力」が弱い銘柄をどうやって探すか
「売り圧力」が弱い銘柄をどうやって探すか

 2017年上半期(1~6月)のIPO(新規上場)市場を振り返ると、IPO件数は39件。そのうち、上場初値が公開価格を上回ったのは35件と、高いパフォーマンスを見せている。そうした中で、今後はどういったIPO投資戦略が考えられるのか。投資情報サイト「IPOジャパン」編集長・西堀敬氏が解説する。

 * * *
 2017年上半期のIPO銘柄は勝率(上場後についた初値が公開価格を上回れば「勝ち」、下回れば「負け」、同値なら「分け」とする)が90%、平均初値騰落率がプラス115%という高パフォーマンスだったことからいって、今後のIPO投資戦略としては、できる限りブックビルディングに参加してIPO株を公開価格で入手し、上場後についた初値ですべて売り抜ける戦略がやはり引き続き鉄則といえそうだ。

 特にマザーズへのIPO銘柄は勝率100%、平均初値騰落率プラス156%と、公開価格で手に入れていれば必ず利益が出たはずで、今後もこうした傾向は高いといえるだろう。

 とはいえ、多くのIPO株を公開価格で入手するには、多数の証券会社に口座を開設する必要があるうえに、抽選に当たるかどうかは運次第であることは否定できない。それなら、誰でもチャンスがあり、しかも高い確率でキャピタルゲインが得られる戦略を検討してみてもいいだろう。

 公募で手に入れることができなかったとしても、利益を得られる可能性が高い戦略が実はある。IPO株を上場日の初値で買って、その日の高値で売るデイトレード戦略である。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。