マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

IPO銘柄の上場日デイトレ戦略、狙いは「売り圧力」が弱い銘柄

2017年8月10日 17:00 マネーポストWEB

 上場全銘柄の値動きを見ると、株価が前日比で10%変動するケースはほとんどない。ところが、2017年上半期にIPOした39銘柄について、上場日における初値と同日につけた高値を見ると、すべての銘柄において初値がついた後も値上がりした。その初値と高値の騰落率は、レノバ(マザーズ・9519)のプラス26.7%を筆頭に14銘柄が10%を超えており、39銘柄の平均騰落率も8.7%となっている。一方で、39銘柄のうち終値が初値を維持できなかった銘柄は20を数え、初値と終値の平均騰落率はプラス0.9%だった。

 しかも、IPO株の上場当日の初値に対する高値の騰落率が高パフォーマンスとなっているのは2017年上半期だけではなく、アベノミクス相場が本格化した以降、継続している傾向だ。

 したがって、今後もIPO株は上場日の初値で買って、その日の高値で売り抜ければ、キャピタルゲインが得られる可能性が非常に高いと考えられる。さらに具体的にいえば、IPO株を初値で買って、あまり欲張らずに初値より8%程度値上がりしたら売る指値注文をしておく戦略を取れば、非常に高い確率で利益を出せるということだ。

 新興市場へのIPOで市場からの調達額が5億円未満、ベンチャーキャピタルの保有がなく、主要株主にロックアップ(売却制限)がかかる、といったポイントから銘柄を選べば、こうした銘柄は上場日の売り圧力が強くないので、この投資戦略の成功率はさらに増すはずだ。

■西堀敬:投資情報サイト「東京IPO」編集長などを経て、現在は「IPOジャパン」編集長(https://ipojp.com/)。IR説明会、セミナーなども多数行なう。著書に『最新版 IPO投資の基本と儲け方ズバリ!』など。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。