マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

イデコのメリットは掛け金の所得控除、上限は人によって異なる

2017年8月9日 15:00

「イデコは国が用意した制度。だからこそ税制優遇が多いんです」とは、NPO法人確定拠出年金教育協会の理事でファイナンシャルプランナーの大江加代さんだ。

「働き方で利用条件が異なるので、まずは掛け金上限を確認し、無理のない月々の掛け金を決めるのが第一歩です」(大江さん)

 掛け金の上限は、自営業者、フリーランスなど第1号被保険者は月額6万8000円。会社員(第2号被保険者)の場合、企業年金のない会社の社員は月額2万3000円、企業年金(企業型確定拠出年金)のみの会社の社員は月額2万円、企業年金(確定給付企業型)のある会社の社員は月額1万2000円。公務員(第2号被保険者)は月額1万2000円。専業主婦・主夫(第3号被保険者)は、月額2万3000円となっている。

 老後資金が気になる人は、十分に検討する価値があるだろう。

※女性セブン2017年8月17日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。