マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

お盆玉、夏のおせち、恵方巻き… 次々と夏に進出する冬の習慣

2017年8月28日 15:00 マネーポストWEB

夏の風物詩として定着しつつある「お盆玉」
夏の風物詩として定着しつつある「お盆玉」

 この夏、話題となったのが「お盆玉」だ。お盆の時期に大人が子供たちにあげるお小遣いを「お年玉」ならぬ「お盆玉」と表現。この習慣が、ここ数年で定着しつつあるという。

「お盆玉」という習慣が広まった契機のひとつが、郵便局が2014年から毎年販売している「お盆玉袋」。まさにお年玉袋の夏バージョンと呼ぶべきぽち袋で、夏らしいイラストがあしらわれているのが特徴だ。子供を連れてお盆に帰省した40代の男性・Aさんはこう話す。

「毎年お盆の時期に帰省すると、私の両親、つまりおじいちゃん・おばあちゃんが子供たちにいくらかのお小遣いをあげているんですが、今年からは『お盆玉袋』に入れて渡すようになっていました。金額は1人3000円。お年玉は5000円だったので、ちょっと安めの感覚のようです」

 今年の夏、姪にお盆玉をあげたという30代の独身男性・Bさんは、お盆玉の風習に賛同する一人だ。

「姪っ子に何かプレゼントをしたり、お小遣いをあげたりするのが楽しみなんですが、誕生日や何かのお祝いといった“口実”がないと、やりにくい。でも、お盆玉という風習ができれば、気兼ねなくお小遣いをあげられます」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。