マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「消せるボールペン」で間違って消してしまったとき元に戻す裏ワザ

2017年9月14日 16:00

「消せるボールペン」で書いた文字が間違って消えてしまった場合、どうする?

「消せるボールペン」で書いた文字が間違って消えてしまった場合、どうする?

 今や大ヒットの定番商品となった“消せるボールペン”。パイロットの「フリクションボール」をはじめ、「ユニボール ファントム」(三菱鉛筆)や「こすって消せるボールペン」(無印良品)など、各社が“消せるボールペン”を発売している。ボールペンなのに簡単に消すことができるため、ビジネスユースでも人気の商品だ。ただし、書いた文字が消えてしまうため、証書類では使わないのが暗黙のルールとなっている。

「フリクション」は温度変化で色が消える特殊なインキを使っているため、後端部に付いているラバーでこすると、書いた文字が消える仕組みになっている。書いた文字を簡単に消すことができるのは非常に便利なのだが、時に「間違って消してしまった」という事態が起きるようだ。

 編集部内でも、「資料を広げてノートパソコンで作業していたら、ノートパソコンの下に紙が入ってしまって、手書きのメモが全部熱で消えてしまった。せっかく構成案を考えてメモしていたのに……」「深夜、たい焼きをチンして食べながら仕事しようと思って取材ノートの上にたい焼きを置いたら、その下の部分の取材メモが全ページにわたって消えてしまったんです。“たい焼きの形”して……。正直、ホカホカのたい焼きを恨みましたね」など、間違って消えてしまった悲劇は多数。

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。