マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

「消せるボールペン」で間違って消してしまったとき元に戻す裏ワザ

2017年9月14日 16:00

「消せるボールペン」で書いた文字が間違って消えてしまった場合、どうする?
「消せるボールペン」で書いた文字が間違って消えてしまった場合、どうする?

 今や大ヒットの定番商品となった“消せるボールペン”。パイロットの「フリクションボール」をはじめ、「ユニボール ファントム」(三菱鉛筆)や「こすって消せるボールペン」(無印良品)など、各社が“消せるボールペン”を発売している。ボールペンなのに簡単に消すことができるため、ビジネスユースでも人気の商品だ。ただし、書いた文字が消えてしまうため、証書類では使わないのが暗黙のルールとなっている。

「フリクション」は温度変化で色が消える特殊なインキを使っているため、後端部に付いているラバーでこすると、書いた文字が消える仕組みになっている。書いた文字を簡単に消すことができるのは非常に便利なのだが、時に「間違って消してしまった」という事態が起きるようだ。

 編集部内でも、「資料を広げてノートパソコンで作業していたら、ノートパソコンの下に紙が入ってしまって、手書きのメモが全部熱で消えてしまった。せっかく構成案を考えてメモしていたのに……」「深夜、たい焼きをチンして食べながら仕事しようと思って取材ノートの上にたい焼きを置いたら、その下の部分の取材メモが全ページにわたって消えてしまったんです。“たい焼きの形”して……。正直、ホカホカのたい焼きを恨みましたね」など、間違って消えてしまった悲劇は多数。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。