マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

東京五輪「どさくさ」増税 出国税、加熱式たばこ税、道路通行税も導入か

2017年10月9日 11:00

「出国税」を巡る議論が開始されている

「出国税」を巡る議論が開始されている

 9月25日の会見で安倍首相は、東京五輪が開催される2020年度までの3年間を「生産性革命集中投資期間」とし、大胆な税制、予算、規制改革などあらゆる施策を総動員すると述べた。だが、水面下ではむしろ、五輪を理由にした「新税」の創設が進められている。

 まずは日本を出国する人に課す「出国税」だ。政府が2020年までに訪日外国人客数を年間4000万人にする目標を掲げる中、観光庁の有識者会議は訪日客の受け入れ態勢を充実する財源という名目で、「出国税」を巡る議論を開始した。「秋にも議論をまとめ、年末の税制大綱に反映させる」(同庁関係者)方針で急ピッチで作業を進めているのだ。

 豪州や韓国などで実施されている制度だが、その多くは外国人観光客だけでなく自国民も課税対象としている。つまり、日本人が海外に出かける際にも出国税を徴収される可能性が高い。

 仮に、一人1000円の出国税を、訪日客と日本人出国者を足した4000万人(2016年)に課税すると、400億円もの“荒稼ぎ”になる。こんなにオイシイ税制を国が見逃すはずもなく、五輪前に「海外の事例」や「課税平等の原則」を口実に導入を図る算段だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。