マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

自動運転、世界の有望企業ランキング 1位はフォード

2017年10月5日 15:00

自動運転、無人運転の分野で有望な企業は?(写真:アフロ)

自動運転、無人運転の分野で有望な企業は?(写真:アフロ)

 世界の大手自動車メーカーは競って自動運転、無人運転の実用化を進めている。世界中で政策による新エネルギー自動車への転換が急速に進んでおり、自動車メーカーは激動の時代を迎えつつある。電気自動車製造では巨大市場を背後に抱える中国企業を中心に新規参入が増えるだろうが、自動運転、無人運転技術も競争力の源泉となるのであれば、資金力に勝る世界の大手自動車メーカーが有利となるのではなかろうか。

 中国メディア(テンセント財経、10月2日)が、自動運転、無人運転で有望な企業をランク付けしている。ここではその一部を紹介したい。

 第1位はフォードである。2021年にはタクシー用、共用サービス用として無人自動車を販売する計画がある。今年、フォード傘下企業による無人運転試験がアリゾナ、ミシガン、カリフォルニア州で行われ、合計100台の車両がテストに使われた。2005年に国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency)によるロボットカーレースに参加して以来、無人運転自動車の開発を続けている。

 昨年8月、フォードとバイドゥは共同でレーザー技術を用いたセンサーを製造するアメリカ・ベロダイン・ライダーに1億5000万ドルの投資を行った。今年2月には、自動運転向け人工知能の開発を手掛けるアメリカのベンチャー企業であるAI社に、今後5年間で10億ドルを出資すると発表した。さらに、今年9月27日には、アメリカの配車サービス大手のリフトとの提携を発表している。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。