マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

スタバもついに導入 コーヒーチェーンのポイント制度を比較

2017年10月12日 17:00 マネーポストWEB

ポイントシステムが9月20日からスタート(スターバックスコーヒージャパン公式HPより)
ポイントシステムが9月20日からスタート(スターバックスコーヒージャパン公式HPより)

 スターバックスコーヒージャパンは9月20日から、国内では初導入となるポイントプログラム「STARBUCKS REWARDS(スターバックス・リワード)」をスタートした。

 このサービスは、ウェブ登録済のチャージ式プリペイドカード「スターバックスカード」で決済した際に、50円(税別)につき「Star」と呼ばれるポイントが1つたまるというもの。Starには通常の「Green Star」と上位の「Gold Star」があり、1年以内にGreen Starを250個ためると、以降Gold Starが貯められるようになる。そして、Gold Starが150個たまるごとに、スタバで売られている商品1品と交換できる「Reward eTicket」(上限700円分)が付与される。

 Gold Starに昇格させるためには、1万2500円分(50円×Green Star250個)の利用が必要。そのうえで、7500円分(50円×Gold Star150個)利用すると、上限700円分のサービスが受けられるというわけだ。初回のサービスをゲットするために、最低でも2万円分の利用が必要となるが、それ以降は、7500円の利用につき上限700円分のポイントバックとなる。外食チェーン店に詳しいフリーライターの小浦大生さんはこう話す。

「様々なチェーン店が導入しているTポイントやPontaなどは、100円もしくは200円の買い物につき1ポイントというレートが一般的。7500円分の買い物で上限700円分のポイントが還ってくるスターバックスは、かなりの高レートだといえます。Gold Star昇格のために1万2500円分の買い物が必要となるわけですが、日常的にスタバを利用しているのであれば、加入する価値は十分あるでしょう。また、50円ごとにポイントがたまるので、その分無駄になる端数が少ないともいえます。

 しかし、700円分まるまる利用できるわけでなく、上限700円で好きな商品1つと交換できるというものなので、どう利用するかが少し難しい。たとえば、普段からあまり高い商品を注文しない人であれば、700円分を使い切らないということもあるでしょう」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。