マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

スタバもついに導入 コーヒーチェーンのポイント制度を比較

2017年10月12日 17:00 マネーポストWEB

各社がプリペイドカードを導入、サンマルクはスタンプ

 スターバックス以外のコーヒーチェーンでは、どんなポイントシステムを導入しているのだろうか。

『タリーズコーヒー』では、チャージ式プリペイドカード「タリーズカード」を使えば、ドリンク1杯につき10円引きとなる。また「Gポイント」というポイントをタリーズカードにチャージすることができる。

『ドトールコーヒー』とそのグループチェーンである『エクセルシオールカフェ』では、「ドトールバリューカード」というチャージ式プリペイドカードを導入。2000円以上のチャージで5%分のポイントが付き、商品購入時も100円につき1ポイントが付与される。また、毎月1日にチャージすると金額にかかわらず10ポイントのボーナスポイントが付与。ポイントは10ポイント=10円単位で使用できる。

『サンマルクカフェ』では、ドリンク1杯購入につきスタンプ1個押してもらえる「サンマルクカフェメンバーズカード」というサービスを実施している。スタンプ10個でコーヒー、紅茶、カフェラテなどのドリンク1杯が無料となる。さらに雨の日はスタンプ2倍というサービスもおこなっている。

 いわゆる「コーヒー回数券」を発行しているのは『コメダ珈琲店』だ。9枚綴りのコーヒーチケットは3200円で、最大760円のお得となっている。また、これ以外にもチャージ式プリペイドカード『KOMECA(コメカ)』もあり、こちらは利用金額の1%がポイントとしてたまる。

 ほとんどのコーヒーチェーンが導入しているポイントサービス。とくにチャージ式プリペイドカードは、ポイントがたまるだけでなく、会計もスムーズになるので、頻繁にコーヒーチェーンを利用するのであれば、1枚持っていても損はないだろう。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。