マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

持ち家を「終の住みか」にする際の注意点とは?

2017年11月2日 17:00 女性セブン

持ち家を終の住みかにしようと思った時、注意する点は?

 内閣府による「高齢者の健康に関する意識調査」(平成24年度)では、最期を迎えたい場所を「自宅」とする人が54.6%に上った。“自宅の畳の上で息を引き取る”というのは、今も昔も変わらぬ理想の最期のようだ。

 ただし、持ち家を終の住みかにする場合、「維持費がかかる」という問題点がある。ファイナンシャルプランナーの井戸美枝さんが語る。

「戸建ての場合、ローンを完済していても、固定資産税のほかに屋根などの修繕費が必要になります。庭の草刈りも老体にはきつく、外注すればそれも出費に。家の修理代や家電の買い替え分とは別に、維持費は余裕をみて年間20万円は取っておきましょう」

 持ち家でも、マンションの方が維持費は少なく、毎月の管理費と修繕積立金ですむ。しかし問題は金銭面だけではない。「そこで安心して死ねるか」という問題もある。高齢社会の問題に詳しい評論家・樋口恵子さんは言う。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。