マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

ドル円相場、トランプ大統領帰国後に上昇トレンド入りか

2017年11月3日 20:00

トランプ大統領の帰国が相場転換のポイントに?(同氏のFacebookより)

 為替相場を動かす要因は様々あるが、各国政府の思惑が影響する面も少なくない。たとえば米ドル円相場の場合、日本とアメリカの関係性やそれぞれの国益への思惑が、少なからずレートを左右している。

 そうした意味で、注目したいのが11月5日から来日するトランプ大統領の動向だ。FX(外国為替証拠金取引)のカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが、今後の米ドル円相場のポイントについて解説する。

 * * *
 米ドル円相場は10月下旬から11月初めにかけて、1ドル=113~114円の間を上がったり下がったりの、レンジ相場が続いていました。聞くところによると、生命保険のような大口機関投資家が、米ドル円相場が少し安くなったら買って1ドル=114円台に達したら売り、そこでまた新規売りを入れて50pips程度下落したら売り玉を決済する、というように細かくトレードをしていたようです。そのような大口の動きもあってか、ここ最近のドル円相場は一定幅をウロウロしていたと考えられます。

 では、今後米ドル円はどのような動きになると想定されるでしょうか。

 まず1つ参考になるデータは「売買比率」です。やはり相場の見通しを立てる上で売買比率を確認することはとても重要だと私は考えています。

 くりっく365において10月最終週に発表された米ドル円の売買比率を確認すると、売り玉が約13万枚も多い状態でした。この状態からどういったことが考えられるでしょうか?

「FX」関連記事

金利7.75%のメキシコペソと他の高スワップ通貨の魅力を比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。