マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

業界初の株式上場、中国ドール企業が開発進める美女ロイドとは?

2017年11月13日 20:00 週刊ポスト

上半身が可動し、笑顔や憂いの表情を浮かべる受付嬢アンドロイド(EXDOLL社の研究室にて)

「ウチはただの大人のオモチャの製造企業じゃない。いつか中国のイノベーションの力で、笑って喋れる『セクサロイド』を開発していく。世界の歴史を変えてみせますよ」

 中国遼寧省にある大連蒂艾斯科技発展股フン有限公司(EXDOLL社、以下EX社)CEOの楊東岳氏(34)はこう熱弁した。同社は今年8月、中国のベンチャー企業株式市場「新三板」に、なんとラブドール業界では“世界初”の株式上場を果たしてしまった。

 ラブドールは人体の顔や身体を精巧に模した高級ダッチワイフを指す。2001年、日本のオリエント工業が発売したシリコン製の美少女ドールがマニアに熱狂的に支持され、2000年代半ばには10社近いメーカーが競合するブームが起きた。結果、日本の流行に敏感な中国人たちも興味を持った。

「当時の私は日本留学中。代購(ネット注文を受けて日本製品を中国に売る商売)で小遣い稼ぎをしていた。すると高級ラブドールの注文が多く、現物を買った私もファンになったのです」

“彼女”たちを中国でも作りたい。そう考えた楊氏は帰国後、26歳で起業の準備を開始。日本の某ドールメーカーの造形師の技術支援を受け、2011年に自社製商品を市場に送り出した。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。