マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

がんになったら絶対申請すべき制度は? もらえるお金をチェック

2017年11月11日 11:00

あなたががんになったとき、申請しておくべき制度は?

 国立がん研究センターの推計(2015年)では、18才未満の子を持つがん患者は年間約5万6000人。子育て世代のがん患者が増えているという。そんな中、もし自分ががんになったらどうするか。

 それでも「医療費だけならまかなえる」とは、取材したがんサバイバーの共通見解。問題は、再発予防やQOL維持にかかる費用と、減る世帯収入とのバランスだ。その対策を聞いた。

 まず、がんには「かかるお金」と「かけるお金」があるとは、ファイナンシャルプランナー黒田尚子さん(48才)だ。

「かかるお金とは医療費のこと。がんと診断されたら、預貯金を100万円程度、普通預金などに移しておきましょう。一時金が出るがん保険などに加入しているなら保険会社で手続きします。かかる費用は、がんの種類と進行度によってケースバイケースですが、ある程度はまかなえるはずです」(黒田さん、以下「」内同)

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。