マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ZOZOTOWN「送料自由化」実験 関西が安く東北が高かった県民性

2017年11月13日 16:00

「送料自由化」実験で県民性の違いが如実に現れた(ZOZOTOWN公式HPより)

 ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』が10月に行った、商品購入時の送料を0~300円の範囲で、顧客が自由に設定できる「送料自由化」の実験(現在は一律200円)で、思わず“やっぱり”とうなずいてしまう結果が出た。

 運営会社「スタートトゥデイ」によると、送料が「0円」に設定された注文は、10月1日から22日までの3週間ほどで約43%。

 平均送料が最も高かったのは、福島県の111.73円。岩手県(111.08円)、青森県(110.79円)が続いた。

 一方で最も安かったのが、86.05円の奈良県。以下、大阪府(88.68円)、兵庫県(88.78円)、滋賀県(89.02円)、京都府(90.48)と関西圏が並んだ。

 マーケティングコンサルタントで、『ありえへん京阪神』(ワニブックス刊)の著者である矢野新一さんは、お金の使い方は県民性をよく表していると語る。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。