マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

故人の隠し財産、隠れ借金…国税庁はどこまで知っている?

2017年11月28日 17:00

税務署に対抗するには、自己防衛しかない(写真:時事通信フォト

 税収アップに躍起になる税務署に対抗するには、自己防衛しかない。調査官がやって来ても動じない準備、損をしないポイントは何か。多くの人が知りたい「相続税の本当のホント」を調査した。

 株や不動産取引から給料の支払調書、確定申告など膨大な財産情報を収集するKSKシステム(国税総合管理システム)やマイナンバー制度によって、故人の収支はほぼ完全に捕捉されている。タンス預金などの隠し財産も、国税は大方“予想”が付いていると考えたほうがいい。むしろ、遺族の方が把握しておらず、税務調査が入った際に“申告漏れ”として指摘され、追徴課税につながる可能性が高い。税理士の関本秀治氏はこう語る。

「故人と離れて暮らしている場合、預貯金や金融資産などを把握できていない、というケースはよくあります。銀行口座は自宅に保管されている通帳やキャッシュカードから判断することです。通帳などがなくても、戸籍によって遺族であることが確認できれば、銀行などは被相続人名義の口座や保険があるかは調べてくれます。

 ただ、個別に当たる必要があるので、近隣の金融機関を中心に確認するといいでしょう。株式などは取引報告書、運用報告書、株式発行会社の事業報告書や株主総会招集通知などが手がかりとなる。不動産は、固定資産税の納税通知書などを探すことです。不動産の所在地がわかれば、当該自治体に問い合わせ、評価額を試算します」

 ある会社経営者は生前、愛人に2000万円もの現金を預けていた。家族も知らない「隠し財産」だったが、調査官は把握していたという。これはなんと経営方針に不満を持った会社関係者からの“タレコミ”だったというのだ。

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」「株」の記事をまとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。