マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

住むならマンションよりもアパート? 同じ間取りでも家賃は段違い

2017年12月14日 17:00

意外な掘り出し物件も少なくないというアパート(写真はイメージ)

 日本の集合住宅は、大まかに「マンション」と「アパート」に分類されるが、マンションのほうが設備が整っていて、アパートのほうが簡素な作りというイメージを抱く人も老いだろう。その点でマンションのほうが「住みやすい」と感じられるかもしれないが、果たして本当にそうなのだろうか──。

「マンション」と「アパート」を定義する法的な規定はなく、一般的には以下のようなイメージで両者が区別されている。

「マンション」は、鉄筋コンクリート造で4階建て、5階建て以上でエレベーターがあることがほとんど。建物にエントランスがあり、オートロックの場合も多い。一方の「アパート」というと、2階建てから3階建て程度。木造やプレハブ工法で、建物自体にエントランスがないことが多い。

 また、マンションは、建物の作りが頑丈で、耐火性・耐震性に優れているとされている。遮音性も高く、周囲の生活音などが気にならないというメリットがある。ほかにも、管理人がいたり、防犯カメラやオートロックが備わっているケースが多かったりと、防犯面でも優位性があるといえる。

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。