マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

トルコリラに利上げの可能性、今後の見通しは?

2017年12月11日 20:00

トルコ中央銀行が政策金利を引き上げる可能性も(写真:アフロ)

 高金利通貨としてFX(外国為替証拠金取引)トレーダーの間で人気の高いトルコリラだが、11月に史上最安値を記録するなど、値動きの荒い展開が続いている。はたして今後はどういった値動きが予想されるか。カリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんによると、キーワードとして「為替介入」「利上げ」「売買比率」などが挙げられるという。以下、池辺さんが解説する。

 * * *
 トルコ中央銀行は先月11月18日、「通貨安防衛策として、年末までに30億ドルの外貨準備高を取り崩す」と発表しましたが、実際に外貨準備高を取り崩し、為替介入を実施しているようです。そして12月4日にトルコリラ円相場は29円台を回復しました。

 ただ、マーケットには「現在8%に設定されている政策金利を9%台に引き上げないと、トルコリラ相場の本格回復には繋がらない」との見方もあり、12月14日に予定されている「トルコ政策金利の発表」において、政策金利が引き上げられる可能性も囁かれています。

 また、ここ最近トルコ国債が売られたり、トルコ株の上昇に伴う利益確定売りが入ったり、ということでトルコから多額の資金が流出しており、「資金を呼び戻す」という意味からも、政策金利引き上げの可能性は十分考えられます。

「FX」関連記事

[2019年最新]メキシコペソ円のスワップポイント比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。