マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

ふるさと納税の新しい形 返礼品もらわず寄付するだけのケースも

2017年12月17日 11:00 女性セブン

 ふるさと納税は、これまで各自治体がお得な高額返礼品を用意して、寄付金を集めようとする返礼品競争がヒートアップしていた。2017年4月には、総務省が換金性が高い商品を返礼品にすることの見直しと、寄付額に対する返礼品の調達費用(還元率)を3割以下に抑えることを要請。この“規制“を受けて、還元率がいい返礼品は減り始めている。

 その一方で自治体は、還元率が正確にはわかりづらく納税者にとって価値が高い、モノよりサービスを重視した体験型の返礼品を増やしているという。そこに加えて、前述のような返礼品をもらわないスタイルも登場するなど、進化を続けるふるさと納税。今後はどうなっていくのだろうか。

「還元率などに規制はあるものの、体験型、サービス型のものを増やしているように、自治体側は、返礼品をより魅力的にすることで得られるメリットをよくわかっています。今後も手を変え、品を変え、私たちを驚かせるような返礼品を用意するに違いありません。ますますふるさと納税は活発化していくと思いますよ」(前出・金森さん)

※女性セブン2018年1月1日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。