マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

仕事人生50年時代、転職を考えるタイミングは?

2017年12月28日 17:00

働く時間が「70歳までの約50年間」へと変わろうとしている

 公的年金の受給開始年齢を現行制度から5歳引き上げ、「原則70歳受給開始」とする議論が高まりを見せている。老後の生活を大きく変える制度変更だが、それが現実のものとなれば、人生の中で働く時間が、従来のように60歳までの約40年間ではなく、「70歳までの約50年間」へと大きく変わろうとしているのだ。

 仕事人生が50年へと延びる時代に向けて、何をどうすればいいのか。ファイナンシャルプランナーの藤川太氏(家計の見直し相談センター)が指南する。

 * * *
 まず考えてほしいのは、年金受給開始年齢の後ズレが影響してくる可能性が高いのは、いまの30代以下の若い世代ということ。そういうと、「世代間格差があって不公平だ」といった不平や不満が聞こえてきそうですが、嘆くばかりでは何も進みません。幸いにも、若い世代には時間があります。来る「70歳受給時代」に向けて、少しでも豊かな老後を迎えられるようにどう働いていけばよいのか。そのためのキャリアプランをいまから考えていけば、まだまだ間に合うはずです。

 ほとんどの仕事にいえることですが、10年、20年先の姿を思い浮かべるのもなかなか難しいなか、50年間働こうとすれば、先行きはどうしても不透明になります。将来的にAI(人工知能)に取って代わられるような職種というのも最近よく聞かれるようになっており、不安は増すばかりかもしれません。

 また、景気や企業の業績は浮き沈みがあり、いまは“花形”に思える会社が、いつまでもそうあり続けるものではありません。そうしたなか、50年間、ひとつの会社で働き続けようとするのは、なかなか至難の業でしょう。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。