キャリア

“地道銭”の尊さ 59才ダンサー「体で稼いだ1000円は重い」

アラ還女性たちのリアルなお金事情

 女性セブンの名物アラカン記者“オバ記者”こと野原広子が、同世代女性のお金事情について語る。

 * * *
 60才で大手不動産会社を定年退職した友人・M子(61才の夫・34才の息子と埼玉県で3人暮らし)が、やっと得た仕事は、マンションの管理人。仕方なく始めた仕事だけど、すぐに汗をかくよろこびに目覚めた、という話を前回した。

 けど、それを独身の私がやるとなると問題は収入。都の最低時給958円でめいっぱい働いたところで、手取り約15万円。家賃、光熱費、通信費を払ったら、この都心でどうやって生活していくのか…。その答えを探して、いざ!

◆映画出演もしたプロダンサーが深夜の食品工場でバイト

「家賃なら安いところへ引っ越せばいいけど、私は景気のいいときに分譲マンションを30年ローンで買ったんで、売っても、残るのは借金だけ。引っ越しもできなかった」

 そう言うのは、幼友達でダンス教師のK美(59才・独身)。最盛期は分刻みのレッスンで、月収40万円以上稼いでいたが、今、生徒は日に1~2人。月収10万円あればいい方だそう。

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。