マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

相続・贈与の特例制度 結婚・子育て資金から教育資金まで

2017年12月29日 17:00

子や孫や節税対策の強い味方

 自分が60代にさしかかる頃、子・孫世代は家計がひっ迫する時期だ。資産の世代間移転に熱心な政府は、相続・贈与に関して様々な特例制度を設けているので賢く利用したい。

■結婚・子育て資金の一括贈与
……非課税で孫娘のドレス代を贈与

 20歳以上50歳未満の子や孫に結婚や子育てに使う資金を贈与した場合、子や孫1人あたり1000万円まで贈与税が非課税になる。金融機関に子や孫名義で口座を開設し、贈与する資金を一括して入金。子や孫は必要なときに口座から引き出し、領収書を金融機関に提出する。

 認められる支出は、挙式代、披露宴のドレスや食事代、妊婦健診の費用、子供の保育園代など。結婚関係の支出のみの場合は、300万円が非課税枠の上限。

■教育資金一括贈与
……孫の塾代で悩む息子を助けて節税

 30歳未満の孫やひ孫の教育資金として贈与すれば、1人につき1500万円まで贈与税が非課税になる。贈与する資金は金融機関の教育資金贈与専用口座に入金し、そこを通じて税務署に「教育資金非課税申告書」を提出する。

 認められる使途は学校関連に加え、「塾」「習い事」「留学渡航費用」「通学定期券代」など幅広い。

「結婚・子育て資金の一括贈与も同様ですが、贈与分の資産が圧縮されて相続対象額が少なくなり、節税メリットが大きい」(税理士法人チェスター代表の福留正明氏)

 なお結婚・子育て資金の一括贈与と教育資金一括贈与はともに2019年3月末までの特例措置だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。