マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

相続・贈与の特例制度 結婚・子育て資金から教育資金まで

2017年12月29日 17:00

■住宅資金贈与の特例
……息子のマイホーム購入を“得”しながら支援

 20歳以上の子や孫らに住宅取得金を贈与した場合、贈与税が非課税になる(2021年12月末まで)。

 現在の非課税枠は国交省の定める基準を満たした省エネ等住宅で1200万円、それ以外の住宅が700万円となる。

■空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例
……面倒な“実家の処分”も節税のチャンスになる

 60代は「親の死」に直面する年代でもある。一人暮らしをしている親が亡くなり、実家が空き家になるケースは少なくない。だが2015年5月から施行された空き家対策特別措置法により、空き家を放置しておくと固定資産税が6倍に増額されることとなった。

 そこで活用したいのが、2019年末までの時限措置である「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」だ。

「この制度では、相続した空き家や土地を売った場合などに、譲渡益から最大3000万円の特別控除の適用が受けられます」(福留氏)

※週刊ポスト2018年1月1・5日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。