マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

動画サービス全盛の今、それでも私がレンタルビデオ店に通う理由

2017年12月26日 16:00

レンタルビデオ店の数はピーク時の4分の1になったという

 Huluや、Netflix、Amazonプライムなど、定額制の動画配信サービスが人気となっている一方で、店舗数を減らしているのがレンタルビデオ店だ。

「ピーク時の1995年頃には全国で1万2000店のレンタルビデオ店が営業していたといわれていますが、現在の店舗数は3000店ほど。実に4分の1に減ってしまいました」(エンタメ業界に詳しい雑誌記者)

 レンタルビデオ店から動画配信サービスへのシフトが急速に進んでいるなか、それでもレンタルビデオ店を利用し続けるという映画ファンも少なくない。年に100本近くレンタルビデオ店でDVDを借りるという40代の男性Kさんは、こう話す。

「動画配信サービスとレンタルビデオ店の決定的な違いは、旧作のラインナップだと思います。レンタルビデオ店は古い作品も多く、なかにはDVDが廃盤となった作品も。私の場合、新作は劇場で見ることが多いので、家では主に旧作を見ます。そういう意味で、動画配信よりもレンタルビデオ店のほうがありがたいことがあります」

 Kさんは、かつて家の近所にあるすべてのレンタルビデオ店の会員となっていたという。

「レンタルビデオ店がたくさんあった頃は、それぞれの店の特徴がありました。あっちの店はホラーが強くて、こっちの店は邦画が強い、みたいな。最近は小さなレンタルビデオ店がどんどん潰れてしまい、大手チェーン店ばかりとなっているのは、ちょっと残念です」(Kさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。