マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

上昇相場の今、現役もシニアも株を持たないリスク考えよ

2018年1月19日 16:00

投資しないことが逆にリスクになることも

 日本の株式相場は、現在の日経平均株価2万3000円台から「3万円」への上昇がはっきり見えてきた。上がってからでは遅い。それが投資の大原則だ。ならば、「上がり切る期間」を見定め、その間に確実に資産を増やしていくという考え方こそ、「資産運用の新常識」といえる。

 ファイナンシャル・プランナーの森田悦子氏は「現役世代もシニアも、株を持たないことのリスクを考えるべき」と語る。

「シニア世代を中心に、退職金などの保有資産を“安全だから”と預貯金に回している人がほとんどです。しかし、定期預金の金利は大手銀行で年利0.01%程度。1000万円貯金しても利息は1000円に過ぎません。

 家計を考えると、今後年金は減額される可能性が高く、税金や社会保険料は上がり、消費税率も上がる。収入が減り、支出がどんどん増えていく中で、金利がゼロに近い預貯金が果たして最適な運用先といえるでしょうか。“不動産は資産として残るから”とアパート経営する人もいるでしょう。しかし、少し便が悪い物件は経営に行き詰まることも。リスクを取って運用するなら株の方が手軽です。資金を分散せず、全額預貯金している方がリスクは高いのでは」

<株系注目記事>

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。