マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

羊飼いの2018年ドル円見通し 金融危機の前兆「逆イールド」に注目

2018年1月18日 20:00

2018年のドル円相場の見通しを羊飼いが分析

 2018年の為替相場は円安ドル高でスタートを切ったものの、その後は急激な円高に見舞われるなど乱高下気味だ。平穏だった2017年相場に慣れてしまっていた投資家にとっては、少々心臓に悪い値動きだったかもしれない。

 あらためて前年を振り返ると、2017年は値幅を取らなければ利益が出せないFX(外国為替証拠金取引)トレーダーにとっては取引チャンスに乏しい年だった。何しろ為替が動かない。日経平均株価が史上最長となる16営業日も連騰したときでさえ、米ドル円はほとんど動かなかった。その前年である2016年はブレグジットやトランプ大統領の当選など、相場が派手に動く局面が多かっただけに退屈に感じた投資家は多いだろう。

米ドルは上を目指すパワーに欠けている

 確かに市場を動かすサプライズには乏しかったものの、材料がなかったわけではない。FRB(連邦準備制度理事会)の利上げや日米の株高など、米ドル円が上がる要素はむしろ豊富だった。にもかかわらず上昇できなかったということは、米ドルには上を目指すエネルギーが不足していると考えるのが自然だ。

 それに加えて羊飼いが気になっているのは、暴落と言えるような局面が1年間まったくなかったことだ。20年近く為替相場と向き合ってきた経験からすると、米ドル円は年に1度ぐらいはなんらかの事件をきっかけに暴落して“ガス抜き”をするものだ。それなのにこの1年、こうした局面がなかったのはやや不気味で、次のショックに向けた暴落のマグマが相当溜まっているようにも感じる。何かのきっかけでこれが放出され、相場が一気にリスク回避の円高へと舵を切る可能性は十分あると考えている。

人気「FX」記事

金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。