トレンド

ルノアール他、オーソドックス喫茶店の魅力 「スタバより仕事しやすい」

根強いファンは多い(ルノアール公式HPより)

 スターバックスやタリーズ、ドトールといったコーヒーチェーンが街なかに増えている一方で、喫茶室ルノアールのような“オールドスタイル”の喫茶店を愛好する人も少なくない。

 都内近郊であれば、「喫茶室ルノアール」、「椿屋珈琲店」、「珈琲茶館 集」などといったオーソドックスなスタイルの喫茶店チェーンも多く、買い物客の休憩や、仕事の打ち合わせ、軽いランチや、仕事の合間の息抜きなどに利用されている。こういった喫茶店によく行くというのは40代の男性会社員Aさんだ。

「1日に取引先を数件回るとき、アポまでに1時間くらい空いてしまうこともよくあるんです。そういう時はルノアールなんかの喫茶店に入って、パソコンを開いて作業することが多いです。スタバやドトールと違って静かですし、電源やWi-Fiを完備している店も多いので、仕事をするには快適で仕事しやすいですね」

 店舗によって価格は異なるが、ルノアールのブレンドコーヒーは560~580円程度。コーヒーチェーンよりは高い設定だ。

「ルノアールは机も椅子も大きめでゆったりしているし、ふかふかのソファー席もあって、とにかく居心地がいい。コーヒーだけでなく、この空間にもお金を払っているという感覚です。おしぼりも気持ちがいいし、時間が経つと温かいお茶をサービスで出してくれます。新聞もあって、長居することが前提となっているお店なので、コーヒー1杯580円でもまったく高いとは思わないです」(Aさん)

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。