マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

医療費の税金還付の範囲はどこまでか 離れて暮らす親の医療費は?

2018年1月27日 7:00

年間10万円を超えた分の医療費は税金の還付を受けられる(イメージ)

「老後破産」の危機が指摘されるこの時代、老後資金は自分で守り抜く必要がある。そして取られすぎた税金を取り戻す唯一の手段が確定申告だ。会社員も年金生活者も、給料や年金から税金を源泉徴収される。確定申告は払いすぎた税金を取り戻す制度だが、自分で申請しないと戻ってこない。自営業者だけがやるもの、と他人事だと思わない方がいい。

 リタイア世代も現役会社員も見落としがちなのが「医療費」による税金の還付だ。定年後に再雇用で働くAさん(67)は給料(年300万円)と年金(240万円)を合わせた年収が540万円だ。昨年、妻が大腸がんで2回手術し、手術代や入院費など医療費の自己負担分が110万円かかった。

 この医療費を申告しなければ、還付金はゼロ。しかし、確定申告で約1万2000円が還付された。

“110万円の医療費でたった1万2000円か”とガッカリするのは違う。使った医療費による還付額は納税額(税率)が高いほど大きくなる。

オムツ代ほか15万円が戻った

 会社員のBさん(55)は実家で1人暮らしの母(82)の認知症が悪化したため、専門病院に入院させた。医療費、食費など毎月12万円近い入院費は1人息子のCさんが払っている。年収は800万円あるが、さすがに年間140万円近い医療費の負担は重い。

 医療費の税金還付の盲点は、どんなに高額を支払っても、会社の年末調整では戻ってこないことだ。Bさんは初めて税務署で確定申告し、15万円近い税金が還付された。立正大学客員教授で税理士の浦野広明氏が指摘する。

「親の医療費を負担していれば確定申告で還付を受けることができますが、その場合、離れて暮らしていても同一生計でなければなりません」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。