マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

相続税改正で妻に自宅の「居住権」認められる そのポイントは?

2018年1月31日 16:00

夫が亡くなったときに自宅を手放す必要がなくなる?(イメージ)

 今国会で38年ぶりとなる相続制度(民法)の大改正が行なわれる。これに伴い、夫と妻の間で不動産や預貯金といった「資産」をどう配分しておくべきかの“常識”が大きく変わろうとしている。

自宅以外の資産が少ない夫婦も「マイホームは夫名義のままでOK」

 今回の民法大改正によって、夫が亡くなった時、妻に自宅の「居住権」という新たな権利が認められるようになる。事故や病気で遺言を残せずに夫が亡くなった場合でも、この新制度によって妻の住処や生活資金が確保しやすくなるのだ。税理士法人チェスター代表の福留正明氏がいう。

「改正前の現行制度では、自宅の資産評価額が高額で、それが遺産の過半を占める場合、残された妻が自宅を手放さざるを得なくなるケースが出てきていた」

 モデルケースとして、夫が死亡して妻と子供2人が残され、

■自宅/資産評価額3000万円
■現預金/1000万円

 を相続する場合を考えてみる。妻の法定相続分は原則2分の1の2000万円。子供2人が各1000万円になる。

「この場合、自宅の評価額が妻の法定相続分の金額を超えてしまう。仮に子供から『法定相続分の全額が欲しい』と要求されるなどすると、妻は子供の取り分を捻出するため自宅を手放さざるを得なくなる」(同前)

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。