マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

40代男性が唱える「シルバー料金」不要論 きっかけは年金格差

2018年2月7日 16:00

シルバー世代に対して何を思う?(イメージ。写真:アフロ)

 どんどんと高齢化が進むなか、高齢者の負担を和らげるのが交通機関や施設でのシルバー料金。これまで長く社会に尽くしてきた人たちが、その報いを受けるのは当然だが、関西地方在住の40代の男性・Tさんは、「シルバー料金など不要だ」と憤る。

 Tさんは祖父の代から続く呉服屋の3代目で現在40歳。かつては「お金を刷っているかのように儲かった」という呉服屋だが、近年では人件費の安い中国や東南アジアなどに生産拠点が移ったことで単価が下がり、なかなか商売は苦しいという。

 Tさんがシルバー料金に怒りを覚えた直接の動機は年金だ。70歳をとうに越えた父親はすでに仕事をリタイアし、映画に美術館に旅行にと悠々自適の生活を送っているが、ある時ふと、自分が将来もらう年金額と、父親が今もらっている年金額の差を知ってしまった。Tさんがいう。

「ある時、ふと年金の話になって、父に受給額を聞いたら『2か月に1回、45万円ぐらいもらっている』と言うんです。私は父の仕事を継いで、収入も父と似たようなのなので、同じぐらいもらえるものかと思って調べたら、父より3割ぐらい少ないことがわかりました」

 将来物価も上がると考えれば、その差はさらに大きくなる。そこに大きな不満を覚えたTさん。両親との親子関係は良好で、しばしば家族で出かけることも多いが、そこかしこでイライラするようになったそうだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。