マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

段ボール箱を開ける際に活躍するハサミが大売れ その開発秘話

2018年2月14日 15:00

ハサミでありながら段ボール箱の開梱オープナーの役割も果たす

 ネット通販やフリマアプリの利用で、毎日のように段ボール箱が届く、という家庭もあるのでは。そんな中、文具メーカーのコクヨが発売した、箱を開ける際に活躍するハサミが、飛ぶように売れているという。誕生のヒントは“ちょっとした不便のあるある”にあったという、その開発秘話に迫る。

 テープでしっかり封をされた段ボール箱を開ける際、カッターだと中身まで切ってしまいそう、とハサミを使って開梱した経験はないだろうか。やりがちなのが、刃を180度開いてカッター代わりにする方法。だが、この方法、テープの種類によっては、なかなか切れず、つい力が入り、刃を握るように持ってしまいあわや大惨事…!といった危険もある。

 ハサミで安全かつ簡単に段ボール箱を開けるにはどうすればいいか? コクヨの『ハコアケ』は、そんな観点から2015年に開発をスタートした。

『ハコアケ』はハサミだが、手元のスイッチをスライドさせた状態でハンドルを握ると、閉じた刃先の下側から最大1mmだけ「刃」が出てきて、カッターのように使える「ハコアケモード」を搭載している。開梱から、中身のビニール袋の開封やタグ切りまで、これまでカッターとハサミの2本が必要だった作業を、1本でスムーズにできるのだ。

 ハンドルを離せば、自動的に刃が隠れて「ハサミモード」に戻るなど、安全性にもかなりこだわっている。しかし、実は開発当初の『ハコアケ』は「刃が出たままの状態をスイッチ一つで固定できる商品」として構想されており、1年間の試行錯誤を経て完成した試作品には、自動的に刃が隠れる機構は搭載されていなかったそうだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。