マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

戸松信博の明日の爆騰株を探せ!

株価下落は長期的には好機か 日本株の銘柄選びのポイント

2018年2月20日 18:00

今の日本株の銘柄選びのポイントは?

 米国の長期金利上昇をきっかけとした世界同時株安の影響で乱高下相場が続いているが、今、日本株投資をする際に、注目すべきテーマやポイントはどこにあるのか。グローバルリンクアドバイザーズ代表の戸松信博氏が注目するのは「第4次産業革命」の進展だ。それを踏まえて、戸松氏が今の相場の銘柄選びのポイントについてアドバイスする。

 * * *
 大きく下落した世界の株式市場だが、日欧の中央銀行は量的金融緩和を続けており、2008年のような金融危機とはほど遠い状況である。となればこの株価下落は長期的に見れば買いのチャンスとも捉えられるはずだ。そうしたなか、どのような銘柄に目を向ければいいか。

 まず世界経済を牽引しているのは、高性能半導体によるAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)といった「第4次産業革命」である。今後の発展のカギを握る高性能半導体はすでに製造装置が不足するほど需要が増大しており、これが主導する格好でまだまだ世界経済の成長は見込めるのだ。

 そう考えていくと、銘柄選びの“本命”には、やはり「半導体」関連が浮上してくる。たとえば半導体向けの精密加工装置と精密加工ツールの両方で世界トップのディスコ(東証1部・6146)、世界有数の半導体製造装置メーカーの東京エレクトロン(東証1部・8035)などは、旺盛な半導体需要が追い風となる“ど真ん中”の銘柄といえるだろう。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。