マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

戸松信博の明日の爆騰株を探せ!

株価下落は長期的には好機か 日本株の銘柄選びのポイント

2018年2月20日 18:00

 第4次産業革命がもたらす未来図を予想すると、「省力化」関連も有力だ。生産現場をはじめ人手不足感が高まるなか、人材派遣はもちろん、工場の自動化を進める産業用ロボットなどによるFA(ファクトリーオートメーション)に強みを持つ銘柄群である。ここでは、工場の自動化に欠かせないマテリアルハンドリングシステム(工場や物流拠点内の原材料や完成品などの移動や保管を担う)を手がけるダイフク(東証1部・6383)、生産現場で使用するFAセンサなどの計測・制御装置のトップメーカーであるキーエンス(東証1部・6861)などを有望視している。

 ほかにも、世界的にシフトが進もうとしているEV(電気自動車)関連では、車載電池や車載エレクトロニクスなどの車載事業が好調なパナソニック(東証1部・6752)などに期待が高まる。

 ここに挙げたような銘柄はいずれも半導体市況の好調さとともに業績は好調だ。世界経済を牽引する有望テーマの恩恵に期待したい。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。