マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

中華チェーン「日高屋」 ちょい飲み1000円で大満足の価格設定

2018年2月21日 16:00

中華そばと半チャーハンセットにコーラ。全部で730円

 中華料理系の外食チェーンといえば、餃子の王将、大阪王将、幸楽苑、バーミヤンなどが全国的に有名だが、関東地方を中心に展開して支持を集めているのが、「熱烈中華食堂 日高屋」(以下、日高屋)だ。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏が解説する。

「元々は埼玉県大宮市(現さいたま市)にあったラーメン店が始まりで、2002年に『日高屋』の1号店が新宿にオープンしました。現在は東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木に360店舗ほどが営業中です。“首都圏に600店舗”を目標として掲げています」

 日高屋のメニューの基本はラーメン。さらには「野菜炒め」や「ニラレバ炒め」などの定食も充実。低価格帯のおつまみメニューも多い。

「ラーメン類の価格は安く抑えられています。なかでも、シンプルな醤油味の『中華そば』は390円でかなり安い印象。そのほかも、『とんこつラーメン』は420円、『野菜たっぷりタンメン』は500円、『汁なしラーメン』は550円といずれも安いです。また、『半ラーメン』の200円というのも、なかなか驚きの安さだと思います」(小浦氏)

 10代の頃から日高屋に通っているという30代会社員の男性Cさんはこう話す。

「定番の『中華そば』はシンプルで飽きがこない味。ただ、ボリューム的にちょっと物足りないので、半チャーハン(250円)や餃子(6個220円)をつけることが多いです。あと、意外と安いのがコーラ。小さめのジョッキサイズで100円なんです。コンビニで500mlのペットボトルのコーラを買うより安いので、ついつい頼んでしまいます」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。