マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

今後のドル円相場の2つの注目材料、「レパトリ」「利上げ」

2018年2月24日 20:00

今後のドル円相場で注目すべき材料は?

 2月から3月にかけて米ドル円相場はどのように推移していくと想定されるか。それを考える上で意識すべき材料について、FX(外国為替証拠金取引)のカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが解説する。

 * * *
 今回は2月から3月にかけての米ドル円相場の動き想定する上で、私が意識している2つの材料についてお伝えします。

 まず1つは「レパトリエーション」です。3月に本決算を迎える日本の大企業は、その本決算に合わせて、海外で獲得した利益を日本に戻す傾向があり、それが円買い要因になり得る、ということです。

 もちろん、1ドル=80円を割った円高時代を経て、今では独立採算制を採用するようになった大企業も多いので、それほど大きな円買い要因にはならないかもしれません。また、すでに資金を日本に戻し終えている企業もあるかもしれませんが、意識しておかれると良いでしょう。

 そしてもう1つ、アメリカの「利上げ」も1つポイントになるでしょう。

 2月、アメリカのFRB(連邦準備制度理事会)議長がイエレン氏からパウエル氏に代わりました。パウエル氏は基本的にイエレン氏の政策を引き継ぐものと思われ、2018年は3回もしくは4回程度の利上げが想定されていますが、「3月は約80%の確率で利上げされる」とマーケットで予想されています。

「FX」関連記事

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
[2019年最新]メキシコペソ円のスワップポイント比較

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FX知識ゼロのOLが他人の取引をコピーしてFXを始めるまで
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。