マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

ドル円相場、105円台反転を示していた3つのテクニカルサインとは?

2018年3月1日 21:00

ドル円相場の反転を示していたテクニカルサインとは?

 相場がどこで反転するかという点は、多くのトレーダーにとって最大の関心事のひとつだろう。今回はFX(外国為替証拠金取引)のカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが、直近ドル円相場において反転ポイントをいかに判断したのか、そのテクニカル手法について解説する。

 * * *
 2月6日、米ドル円相場(以下ドル円相場)は1ドル=105.54円まで下落しました。この動きを見て「ドル円相場は、さらに下落するのではないか」と不安に思われた方もいるかもしれませんが、テクニカルツールをしっかりと見ていれば1ドル=105円台で反転することは判断できたことです。

 例えば、フィボナッチ・リトレースメントの法則に従って計算してみましょう。2016年11月、トランプ相場の起点の1ドル=101.185円から、高値1ドル=118.68円までの上げ幅に対して、フィボナッチ76.4%押し価格は1ドル=105.35円となるので、実際価格1ドル=105.54円と0.19円の誤差しかありません。

 また、日足チャートのRSIで買いのダイバージェンスが発生していて、さらにストキャスティクスは0%近くまで落ちてきていましたので「このあたりで下落は止まるだろう」と考えられました。

 そして案の定、ドル円相場は反転しました。相場はテクニカルツールの法則通りに動いていると捉えることができます。

「FX」関連記事

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
[2019年最新]メキシコペソ円のスワップポイント比較

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FX知識ゼロのOLが他人の取引をコピーしてFXを始めるまで
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。