マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

『びっくりドンキー』のハンバーグ ファミレスとは何が違う?

2018年3月4日 15:00

定番メニューの「チーズバーグディッシュ」

 ファミリーレストランの定番メニューといえばハンバーグだが、そのハンバーグに特化したファミレスが「びっくりドンキー」だ。1つの皿にハンバーグとライスとサラダを盛り付けた“ディッシュ”をメインメニューに、様々な種類のハンバーグを提供している。

「ファミレスのハンバーグメニューというと、基本はハンバーグが単品で、そこに『ライスセット』や『和食セット』を付けて定食にするのが定番パターンです。しかし、『びっくりドンキー』の場合、ディッシュがそのまま定食になっているというのが大きな特徴。ハンバーグもお箸で簡単に切れるくらいの柔らかさで、食べやすい。味付けは醤油ベースの和風ソースで、量の割にはあっさりした印象です」(外食チェーンに詳しいフリーライター・小浦大生氏)

 ディッシュメニューのハンバーグは150gと300gの2種類。さらに、150gのハンバーグと300gのハンバーグがそれぞれ1枚ずつ盛られた450gも用意されている。価格は店舗によって異なるが、たとえば東京・新宿靖国通り店では、最もシンプルな「レギュラーハンバーグディッシュ」の150gが775円(税込み、以下同)、300gが1202円。450gの「おやこハンバーグディッシュ」は1580円だ。

「150gと300gの差額は427円、450gと300gの差額は378円なので、価格的には量が多いほどコストパフォーマンスが優れているといえるでしょう」(小浦氏)

 トッピングは「エッグ」(目玉焼き)が108円、「チーズ」が140円、「パイン」が108円、「おろしそ」が108円だ。さらに108円でサラダの量を倍にすることもできる。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。