マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

妻が年下、同い年、年上で変わる最適な年金のもらい方

2018年3月13日 16:00

夫と妻が同い年の場合の“賢い”働き方は?

 若い頃から共稼ぎの夫婦の場合、2人とも厚生年金を受給できる。年金額も夫婦合わせると30万円前後が見込まれ、退職金もダブルインカム。こんな夫婦は老後の生活設計も比較的余裕がある。

 それだけに夫より平均寿命が長い「働く妻」の年金をいつ受給するかのタイミングが重要になるが、その選択の時期は夫婦の年齢差によって変わる。

「妻が5歳年下」のAさん、「妻と同級生」のBさん、「5歳年上の姉さん女房」を持つCさんを比較しよう。

 一番早く判断の時期を迎えるのはCさん。本人が60歳の定年を迎える時期に、妻はちょうど65歳で年金受給開始年齢に達する。“年金博士”こと社会保険労務士の北村庄吾氏が解説する。

「夫が60歳なら十分現役。まだまだ働けますから妻の年金を70歳まで待つ繰り下げ受給を選択することを勧めます。そうすれば夫が65歳で年金をもらうと同時に、妻は42%増の割増し年金を受給できる。そうなれば夫も完全リタイアできる。夫婦の年金を考えると“年上妻”は最強です」

 年下妻のAさん夫妻は逆パターン。妻の定年と夫の年金受給が同時になる。妻にはあと5年、再雇用で仕事をしてもらい、その間、夫の年金も我慢して割り増しされる70歳まで繰り下げるのが理想的だ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。