マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

廃棄食品を減らす試み 賞味期限近い商品を買えばポイント付与も

2018年3月16日 7:00

ドコモがスーパーと組んで実験する「EcoBuy」

 オフィスとマンションに囲まれた小さなスーパーで、画期的な試みが行われている。舞台は、東京都中央区のスーパー「miniピアゴ入船1丁目店」。

 1月19日、ピアゴとNTTドコモ、東京都環境局の3者が組み、廃棄食品を減らす実験を開始した。あらかじめスマートフォンに専用アプリ「EcoBuy」をダウンロードし、賞味期限・消費期限の近づいた商品を購入してレシートを撮影すると、ドコモのdポイントか電子マネーのEdyポイントが付与される仕組みだ。

 2月初旬のある週末、同店を訪れた本誌記者は、実際に「EcoBuy」にトライしてみた。店内に掲示されている対象商品30品目のボードを見ると、パンや卵、納豆に刺身など賞味期限が比較的早いものが多い。ポイントは20~100まで、各商品によって数値が決められている。

 記者が選んだのは、賞味期限が翌日に迫ったシュークリーム。レジで購入後、スマホでアプリを開いて「申請」ボタンを押し、カメラでレシートを撮影すると商品名が表示された。

 その後、賞味期限表示が映るようにシュークリームを撮影。2日後にはもう20ポイントが還元されていた。もちろん、購入したシュークリームはおいしくいただいた。

「実際に賞味期限間近の商品がどんどん売れています。お店とお客さまの双方がウィンウィンの関係を築くことができる、意義ある取り組みだと思います」(同店店員)

 同店での実験は、3月15日まで行われる。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。