マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

収納場所が少ない家の強い味方、「突っ張り棒」はどこに使うか?

2018年3月19日 17:00

押入れでも活躍する突っ張り棒

 モノが片づけば、自分の持っているモノを把握することができるため無駄遣いが減る。「収納場所がないことを片づけられない理由にしている人が多いですが、関係ありません。デッドスペースも収納場所になるので、一度家の中を見直してみましょう」と話すのは整理収納アドバイザーの資格を取得し、自身も無駄遣いが減ったという館山花子さん。今回は、「突っ張り棒」を使った片づけ術を紹介しよう。

 モノが多いのに、特にしまう場所が少ないのが玄関、トイレ、キッチンなど。まずは玄関から見てみよう。

「玄関で溢れやすいのは傘。しまう場所に困っているという人は突っ張り棒を使ってみましょう。下駄箱に突っ張り棒を吊るせば、傘掛けになります。ただ、本来の片づけのルールとしては家族の人数分の本数の傘だけを持つことが望ましいので、突っ張り棒にかかりきらない量まで増えたら1本処分するなどのルールを決めておきましょう」(館山さん「」以下同)。

 ほかにも下駄箱の扉の裏側にタオルハンガーを付ければスリッパラックに。フックをつければ、キーなどの小物掛けとして活躍する。

 トイレは棚や専用の収納がある家はいいが、全く収納がなくて困っている人も少なくないだろう。ここでも突っ張り棒は便利だ。

「天井に2本の突っ張り棒をくっつけて、その上にワイヤーネットをのせたら立派な棚の完成。トイレットペーパーのほか、掃除グッズなども置くことができます」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。