マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

世界の仮想通貨事情 規制強化の反面、新通貨発行に活路求める国も

2018年4月7日 18:00 マネーポストWEB

サイバー攻撃で韓国から多額のビットコインを奪った北朝鮮

 このように仮想通貨に対する規制や監視の強化は世界の趨勢と見えるが、その一方で相反する動きもみられる。国家として、新たな仮想通貨の発行を計画する国も相次いでいるのである。

たとえば、ハイパーインフレやEU・米国からの制裁で経済危機に陥っているベネズエラは、マドゥロ大統領の肝いりで、原油を裏付けとする新たな仮想通貨「ペトロ」の発行を開始した。一方、ロシア当局は政府発行の仮想通貨「クリプトルーブル」の発行に向けて動いており、2018年1月末にはクリプトルーブルを法定通貨にするための法案が議会に提出されている。スウェーデン中央銀行も、今後2年以内に、自国の仮想通貨「e-Krona」の導入を検討しているといわれる。

 仮想通貨は“通貨”であるので、投資だけでなく、決済で使用することも可能だ。そのため、こんな活用法も出てきている。実は、仮想通貨先進国のスイスでは、一部の自治体ではあるが、仮想通貨で納税できる制度がスタートしている。たとえば、ツークという町では2016年7月から、キアッソという町では2018年1月から、ビットコインによる納税受付を導入しているのだ。

 最後に、知る人ぞ知る(悪名でも)仮想通貨先進国である北朝鮮の話題にも触れておこう。韓国の国家情報院は、北朝鮮が2017年にサイバー攻撃により韓国から260億ウォン(約26億円)相当のビットコインを奪ったと国会で報告している。それだけでなく、2017年に北朝鮮はマイニングやハッキングによって、1万1000ビットコインを取得したと推測されるというのだ。

 ビットコインの価格がピークに達した2017年12月であれば、北朝鮮が奪取したビットコインの価値は何と2億1000万ドル(約220億円)相当に上るのである。それがミサイル開発資金に回っているとしても、何の不思議もなさそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。