投資

米中貿易問題は、豪ドル/円の潜在的な売り圧力になる

豪ドル/円が安値圏で推移している背景は(写真:アフロ)

 3月1日に、トランプ米国大統領が、鉄鋼とアルミニウムに対して、輸入関税を課すことを発表した。このニュースを材料に、米国株式市場が下落し、外国為替市場では、「リスク・オフ(リスク回避)」の思惑が強くなり、その結果として、「円買い」に強く反応した。

 豪ドル/円のチャートを見ると、このニュース(米国の輸入関税)の発表後に、「豪ドル売り円買い」が進み、それまで、83円台、84円台程度に推移していた豪ドル/円は、81.50アラウンドに急落した。

 81円台ミドルの安値を付けてからは、いったん大きく急反発(急上昇)し、84円台にまでリバウンドしている。トランプ米国大統領の輸入制限に対して、楽観的な雰囲気が広がり、米国株式市場が持ち直したからだ。

 しかし、この輸入制限が、米中の貿易戦争に拡大する懸念が出ると、再び「豪ドル売り円買い」が進んで、再度、安値を更新して、3月下旬に、豪ドル/円は、80円台を付けた。3月下旬に80円台を付けてからは、安値圏で上下動を繰り返した豪ドル/円だが、習近平主席が、米国に歩み寄る姿勢を見せると、4月中旬になって83円台を回復している。

何らの具体策が示されている訳ではない

 豪ドル/円の値動きに関しては、上記の通りだが、米中の対応を、もう少し詳しく述べてみよう。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。