マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ジェットスター、エアアジア、ピーチ…他 「LCC」8社の特長

2018年4月28日 7:00

 効率的に運営することにより、低運賃でサービスを提供しているLCC(ローコストキャリア)。今やサービスも、シートも機内食も充実中だ。LCC各社のサービスを享受するためには、それぞれがどこを運航しているのかなどの特長を知る必要がある。ここでは8社のLCCの特長をそれぞれ紹介しよう。

ジェットスター・ジャパンは1日に約100便運航している

【ジェットスター・ジャパン】
 2012年7月に国内線を就航し、2015年2月からは国際線の運航も開始。現在は国内12都市17路線、国際4都市線を1日約100便運航している。昨年6月には「東京(成田)―中国(上海)」、12月には「東京(成田)―宮崎」を就航。グループ会社も多く、日本に乗り入れている。

【エアアジア・グループ】
 中部・東海と北海道を結ぶ「エアアジア・ジャパン」など、飛行時間4時間以下の短中距離を運航する「エアアジア」と、4時間以上の長距離を運航する国際線の「エアアジアX」がある。グループ全体では200機以上の機体を保有し、26か国、130以上の都市に就航している。

【ピーチ】
 3月に6周年を迎え、制服もリニューアル。今年からAI(人工知能)を活用し、サイトに寄せられる質問に英語、中国語など7か国語に対応するチャット専用自動応答システムを導入。2025年の「大阪万博」誘致活動にも力を入れるなど、常に新しい試みを続けている。

【バニラエア】
 台湾路線に強く、成田、沖縄、関西、福岡から台北へ就航しており「東京(成田)-台北(桃園)」は1日4往復と最大の便数を誇る。3月からは「福岡―台北(桃園)」も就航。朝出発で帰りは夕方発のため0泊弾丸ツアーも可能。「東京(成田)―セブ」の定期便は日本の航空会社初。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。