マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

【日本株週間見通し】膠着相場の中で東証2部銘柄に物色人気も

2018年5月20日 7:00

日経平均株価はどこまで上がる?

 投資情報会社・フィスコ(担当・田代明美氏)が、株式市場の5月14日~5月18日の動きを振り返りつつ、5月21日~5月25日の相場見通しを解説する。

 * * *
 先週の日経平均は上昇した。週間ベースで日経平均は8週連続の陽線となっている。週初は8営業日連続高となったNYダウは、米10年債利回りが約7年ぶりの水準まで上昇したことを受けて米国株が下落するなど、週間ベースでNYダウはもみあいとなった。

 こうしたなかで、週半ばの16日には米韓軍事演習を理由に、韓国との閣僚級会談を北朝鮮が突然中止し、米朝首脳会談の実現にも不透明感が強まるという懸念材料が浮上した。また、内閣府が発表した2018年1-3月期国民所得統計1次速報は、実質GDPが年率換算でマイナス0.6%となり、市場の事前予想を下回り9四半期ぶりのマイナス成長となったことが警戒されて、日経平均は軟化する場面もあったものの深押しは回避された。その後、米4月鉱工業生産指数が市場予想を上回ったことを受けて、米10年債利回りが3.1%に達するとともに円相場が下落。1ドル110円から111円に迫る円安ドル高を支えに、先物買いを交えて日経平均は終末にかけて戻りが鮮明となった。

 今週の東京株式市場は積極的な買い材料が見当たらず、日経平均23000円を目前に一服商状となりそうだ。日経平均は3月26日のザラバ安値20347.49円から18日ザラバ高値22954.19円まで2600円強(約11.3%)を見ており、週足も8週連続の陽線となっていることからくる日柄調整の側面も意識される。

 ここまでの日経平均の戻りをリードしてきた米国株式市場も、米国長期金利と為替の動向、6月12日の米朝首脳会談の実施懸念、協議終了後の米中貿易摩擦問題の行方、イランを軸とする中東情勢などから戻りが鈍くなり始めている。しかし、方向感が定まらないながらも売り込むことが難しい環境でもある。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。