マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

地方移住の現実 村の長老から怒られてばかりで夫婦仲冷え込む例も

2018年5月26日 15:00

田舎暮らしはスローライフではない?(イメージ)

「定年後の田舎暮らし」に憧れる人は多い。大正大学・地域構想研究所の調査では、大都市圏に住む30~50代の正社員4割超が、支援があれば地方に「移住したい、または検討したい」と回答した。

 しかし新たな住居費やリフォーム費用などが発生することに加え、買い物も不便なことが多く車を持つ必要性も出てくる。

 暮らしぶりも予想と異なることが多い。定年後、甲信越地方の小さな集落に移住した男性(67)は、「田舎はスローライフじゃなかった」と打ち明ける。

「水路の泥上げや草刈りなど集落の行事がひっきりなしにあり、公民館単位の趣味サークルや子供たちの登下校見守りにも駆り出されます。人口が少ないのにイベントや団体活動が多く、のんびりできません。

 移住前に『地域活動には参加すべき』という新聞記事を読んだので極力参加していますが、逆に“イヤイヤやらされている感”が出ているようで、村の長老たちから『嫌ならやらんでいい』と怒られてばかりです」

 それでも夢を諦めきれず移住を強行すると「身内の反乱」に遭うこともある。

「定年後の夫が田舎暮らしを望んでも、いま住んでいる地域に友人の多い妻が、移住を拒否するケースが多い。反対を押し切ろうとして夫婦仲が冷え込むと、老後生活の思わぬ支障となります」(FPエージェンシー代表の横川由理氏)

 まずは淡い夢から覚めて、現実を直視することが肝要だ。どうしても住みたい土地があるのなら、定年前に足を運び、住環境をリサーチすることも必要だろう。年齢とともに消費支出も減る中で、「田舎の生活コストの安さ」を享受できる範囲は限られてくる。何より「オレに付いて来るはず」との幻想を捨てて、妻と話し合っておくべきなのは言うまでもない。

※週刊ポスト2018年6月1日号

「不動産」関連記事

【無料】おうちダイレクトで大手~地元の不動産一括売却査定
【無料】おうちダイレクトで大手~地元の不動産一括売却査定
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。