マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

相続放棄の手続きは意外に簡単 代行で頼んでも10万円以内に

2018年5月28日 7:00

「放棄できる条件は限られていて、主に被相続人に借金があったことを知らなかったケースです。審問ではいつ、被相続人の借金の存在を知ったかの確認や相続発生後に遺産を使っていないかを尋ねられることが多いが、不正がなければ放棄は認められます」(北村真一弁護士)

 これで相続の煩わしい手続きも、使わない家や土地を相続して余計な費用負担がかさみ、「しまった」と後悔することもなくなる。

「親が亡くなって子供が相続放棄した場合、相続権は第二順位の祖父母、第三順位の親の兄弟姉妹(亡くなっている場合はその子供)に移る。礼儀として、叔父叔母や従兄弟に、“相続放棄したので土地の相続権はそちらにあります。負債はありません”などと連絡した方がいいでしょう」(同前)

 逆に、従兄弟が相続放棄して叔父叔母の遺産の相続権が自分に回ってくることもある。放棄によって身軽になる――そうすることが“最強の相続対策”となるケースは少なくない。

※週刊ポスト2018年6月1日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。