マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

カリスマトレーダー池辺雪子 億の極意

原油高と通貨安に苦しむトルコ 高金利トルコリラを今買うのは危険?

2018年5月28日 20:00

原油高と通貨安に苦しむトルコ(イスタンブール)

 トルコリラは高金利通貨として知られており、FX(外国為替証拠金取引)で買いポジションを長期にわたって保有している個人トレーダーも少なくない。しかし、トルコリラ円相場はしばらく下落傾向が続いていて、そのことに不安を抱くトレーダーの声も聞こえる。そこで今回は、FXのカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんによる、トルコリラ円相場に対する見解を紹介する。

 * * *
 直近の原油価格は上昇傾向にあり、原稿執筆時点では1バレル=70ドル台です。1バレル=100ドルの時代と比べれば安いわけですが、30ドルを割っていた頃と比べれば50ドル近く上昇していることになります。

 アメリカなど原油輸出国にとっては貿易面で有利な状況にあると言えるでしょう。

 一方で原油価格の上昇に伴いガソリン価格などが上昇しますので消費者にとっては痛手になります。また原油を輸入している国にとってもコストが増えて経済的にはマイナス要因となりますが、特に目立って苦しいと思われる国を挙げるとすればトルコが思い浮かびます。

 原油価格の上昇に加えてさらにトルコリラの価格も下落しており、二重に苦しい状況にあります。原油価格の上昇とリラ安の影響でトルコ国内で物価が上昇していて、インフレ状態になっています。

 そして金利狙いでトルコリラを買っている方にとってこのことは他人事では無いでしょう。「まだトルコリラは売られるのではないか」と心配されている方も多いのではないかと想像できます。

 ただ、あらかじめこういった事態も想定して資金管理を徹底してトレードされていれば、余裕があるはずです。

 実際に私は「トルコリラ円で金利狙いの長期トレードをするのなら、100万円の資金に対して買いポジションは6万通貨まで」と考えてトレードしていますが、そういったルールを守ってトレードできている方は、そう心配する状況にはありません。

「FX」関連記事

少額・簡単にFX自動売買を始められる「トライオートFX」を紹介
FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方、稼ぐ投資家の秘訣も紹介
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。