ライフ

シニア幸福度調査「お金あるけど友人いない」vs「お金なくても友人いる」

「納得して死ぬ」ということ

「存在感」、「生きがい」、「仕事」、「やりがい」、「役割」、「家族」、「友人」、「若い世代との交流」など、定年後の人生を幸せにするキーワードは数多くある。

 では、老後生活を満足して締めくくるにあたって最も大切なことは、何なのだろうか。作家の曽野綾子氏は夫の三浦朱門氏が亡くなった後、猫を2匹飼い、それらの世話をすることが自らの「責任」だと感じるようになった。『納得して死ぬという人間の務めについて』(KADOKAWA)の最後にこう記す。

〈一つ屋根の下にある生命の今夜を、私のできる範囲で幸福にすることが、私が「納得して死ぬ」ために自らに課した、目下の務めなのである〉

 どんなに些細なことでもいいので自らに課した“責任”を背負って生き切ることが、定年後の人生にハリを与え、納得して死ねることにつながる。もしかしたらそれは“死”という人生最後の局面で“勝つ”ための秘訣になるのかもしれない。

※週刊ポスト2018年6月15日号

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。